ファインダーは追憶の小窓

写真が好き。だれでも気になる小さなことや奥深いこと。そんなことを皆さんと一緒に考えて写真について深めてみたいと思います。

写真はお好きですか?

皆さん、こんにちは。

写真が好きなひろさんです。

以前は随分とカメラやレンズを持っていました。

もちろん、デジタルカメラフィルムカメラ、一眼レフとか二眼レフとかレンジファインダー、35mmから中判も、いろんなカメラを使ってきました。

でも、いまはそれらを整理して、本当に自分が使いやすいカメラだけにしつつあるところです。

それから、自分で写真撮影するのも好きだけど、写真集や展覧会で写真を観るのも大好きです。 

そんなアマチュアカメラマンです。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

ところで、皆さんは「写真」がお好きですか?

それとも「カメラ」がお好きですか?

私の主観ですが、男性はどちらかというと「カメラ」を主とした機材に主な興味があり、女性は「写真」そのものを撮ることに興味があるような気がしています。

もちろん、どちらも趣味としていいことだと思いますし、機材も写真もどちらにも興味があることは撮影技術自体が上手くなりますし、それはそのまま写真が上手になることにつながると思います。

 

でも、はじめて写真にハマりだした方々によくあるのが、

「カメラやレンズが良くなればもっといい写真が撮れるはず」

という錯覚です。

確かに、一眼レフとかミラーレスのような本格的なカメラとレンズで撮影すれば、撮影の幅は広がります。

で、そういうカメラの作例なんかを見ると「自分もこんな写真が撮れるんだ」と思って、実際に高いお金を出してそういうカメラを買って撮ってみると「?」とあまり納得のいかない写真になってしまうことがよくあります…

 

 機材で写真は決まらない?

 

結論から言えば、その通りだと思います。

「えー。この前せっかくいいカメラ買ったのに!」

という方もおられるかもしれませんが、写真を撮るのは撮影者です。決してカメラが撮ってくれるわけではありません。

現代のカメラは露出やピント合わせなど、初心者ではむずかしい操作をほぼフルオートで設定してくれはしますが、写真を撮るときの撮影者の「意図」までは汲むことができません。

上手な写真を撮るためには、まず、撮影者の意図があって、それを反映させるテクニックが必要です。

そのテクニックや表現の幅を拡げてくれるのが機材だと思うのです。

 

かく言う僕も、以前は「いい写真を撮るためにいいカメラやいいレンズが欲しい!!」と強く思っていました。

なので、今まで所有してきたカメラの一部ですが、

Canon 5D MarkⅡ・MarkⅢ、EOS Kiss N・X7

FUJIFILM X-E1

RICOH GR digitalGR digital

ハッセルブラッド

ローライフレックス

・ライカⅢD、M3

などなど、防湿庫にレンズ群とともにいっぱい入っていました。

納得がいかないと買い換えていきましたので、使ってきたカメラはこれの数倍になります。

でも、いまは写真を撮るときのメインカメラはiPhone Xです(笑)

もう重い一眼レフを持ち歩くのが苦痛になってきたことが最大の原因ですし、今のスマートフォンのカメラは相当優秀になったことも大きな原因です。

 

ここで、2枚の拙作を紹介します。

どちらかがフルサイズ一眼レフで撮ったもの、どちらかがiPhone Xで撮ったものです。

どちらも多少Photoshop等で仕上げ作業を行なっていますが、さて、どちらがどちらか分かりますか?

 

                              f:id:hirosan0902:20190506183302j:plain

 

 

f:id:hirosan0902:20190506183322j:plain



 

分かった人は相当な機材オタクかもしれません(笑)

正解は上がフルサイズ一眼レフ、下がiPhone Xです。

下の写真は下のほうにフレアが発生しています。さすがにiPhoneのレンズでもろの逆光は厳しかったのでしょうね。

でも、僕としては下の写真の方が好きです。

鎌倉に行った時にサッと撮ったものなんですが、砂浜の情景が眼に残る一枚じゃないかなと思います。

そういえばiPhone Xが新発売されたとき、屋外広告でiPhone Xで撮った写真の大きなポスターが何種類もありましたが、あの作品たちは一見ではiPhoneで撮ったとは思えないほどクオリティが高かった記憶があります。

 

 要は自分がどんな写真を撮りたいか

 

これが重要です。

まずはスマートフォンでぜんぜん構いませんからどんどん写真を撮っていきましょう。

森山大道という著名な写真家も、「写真が上手くなるにはどんどん写真を撮ることが大切だ」というようなことを言っています。

それから、いろんな人の写真を見ることも大切です。

 写真集や写真展で観るのもいいし、今でネットでいろんな写真がすぐに閲覧できます。

そういう中から「自分もこんな写真が撮りたいなぁ」というのがあれば、そのマネをしていくといいと思います。

そうすると「あの写真はどういう風に撮ったんだろう」といろいろと工夫すると思いますし、そうすることで自然とスキルが上がってくるんじゃないかと思います。

写真を撮るのに機材は二の次、基本は撮影者の意図とスキルが大切だということです。

 

ちょっと堅い話になりましたが、写真が上手くなりたいなぁとかもっと綺麗な写真を撮りたい、という方々に少しでも役に立つコラムを書いていきます。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

↓拙作の一つです。

 Amazon電子書籍として販売していますので、もしご興味があればのぞいてみてください。

[http://:title]

 

おすすめカメラショップ 

    

写真に興味を持った方々に。

写真って、常に身近にある存在ですよね。

僕もそこそこのいい歳ではありますが、いまだに自分の生まれた頃からの写真が残っています。(モノクロなんですがね(笑))

身近であるからこそ、なにかの時には写真を残しておきたいですし、どうせ撮るなら少しでも上手に撮っておきたいと思う方も多いと思います。

まして、今はスマートフォン全盛の時代で、いつでも写真を撮ることができますしね。

気になったらサッと撮る。

以前はカバンに必ずカメラを入れておかないとそんなことができませんでしたが、こんないい時代が来るとは思ってもいませんでした。

これほど写真がさらに身近になった今だからこそ、写真に興味を持つことは自然なのかもしれません。

 

f:id:hirosan0902:20190901151302j:plain

Untitled

写真を少しでも上手に撮るためにはなにが必要なのでしょう?

いいカメラやレンズが必要?

いやいや、以前から申し上げている通り、機材が良ければいい写真が撮れるわけではありません。

カメラはスマートフォン(なんだったらガラケー)でもぜんぜん問題ありません。

僕もいまではカバンの中にカメラを入れていることはほとんどありませんし、街で気になったモチーフがあればiPhoneでサッと撮っています。

要は、なにが撮りたいか、それをどう撮りたいか、という撮影する側のモチベーションやテクニックのほうが、機材の良し悪しよりも上位に来る要素だと間違いなく思います。

なので、まずはスマートフォンでも手元にあるコンパクトカメラでもなんでもいいので、どんどん撮ってみることが大切ですね。

たとえば、ひとつのモチーフを距離や角度を変えて(構図を変えることにもなります)何枚も撮ってみると、あとでそれらを見比べるといろんな発見があって、「これだ」と思える一枚が撮れていたりもします。

フィルムだともったいなくてそんなことはできませんでしたが、いまはデジタルなのでぜんぜん平気に何枚でもトライできますからね。

プロのフォトグラファーのコンタクトシートを観ると、実はひとつのモチーフを何枚も撮っていて、その中から一枚の作品を選んでいることが分かります。

たいていの人はたった一回のシャッターチャンスですごくいい写真を撮っているかのように思っておられますが、実はプロでもそんことはないんです。

家族や大切な人と行く旅行や、何気なく散歩しているとき、自然な情景をどんどんと撮っていきましょう。

そのなかには、きっとステキな一枚があるはずです。

 

そうしていくうちに写真が趣味になり、自分が撮りたいテーマがハッキリしてくれば、それに合わせてカメラやレンズを購入すればいいと思います。

例えば、風景写真を撮りたい場合は一眼レフに標準レンズと広角レンズとか(三脚もあるといいですね)、フードや小物などのモノ撮りだとマクロレンズがあれば便利ですし、スナップショットの場合は大きくて重い一眼レフよりもGRのようなコンパクトカメラが有利です。

初めてカメラやレンズを買う時に、そういうムック本や雑誌を読むと、カメラやレンズの性能がいろいろ書いてあったりして、なんかハイスペックなものを買いたくなることが多いんですが、いまのカメラやレンズの性能はアマチュアにとってはどれも必要十分です。

なので、AF性能がどうとか、連写枚数がどうとか、あんまり気にすることはないと思います。

もちろん、鉄道やモータースポーツや野鳥などの「動きもの」を撮りたい方は上に書いた性能がいいカメラを買ったほうがいいということはありますし、撮るテーマやモチーフがほぼ決まっている場合はそれに合った機材を使ったほうがいいです。

でも、特に画素数なんかはカメラ雑誌にいろいろと比較記事が載ったりしますが、もう普及版の一眼レフやミラーレスカメラでも十分な性能ですし、もっと言えばネットに掲載するのがメインであればスマートフォンでも必要十分な画素数を持っています。

はじめてカメラを選ぶときは、性能もさることながら、むしろ自分が使いやすそうなものを選ぶのが一番でしょう。

雑誌をいろいろ読んで参考にして多機能なカメラを無理して買っても、使いこなせなかったらお金の無駄遣いにもなりますからね…

 

いつも申し上げていることですが、機材よりもあなたのセンスのほうがよほど大切です。

そのセンスを磨くために、たくさんの写真を鑑賞し、たくさん写真を撮りましょう。

それから自分の必要な機材を揃えてもぜんぜんいいと思います。

なんならずっとスマートフォン一本で写真を撮っていっても構わないんですから。

もしも「まずは一台」という方であれば、普及版の一眼レフ(望遠レンズが付いたダブルズームキット)を持っていれば、簡単にしかもいろんなシーンで楽しく写真が撮れると思います。

イマジネーションを豊かに、フォトライフを楽しみましょう!

 

レンズとカメラの保管はどうする?

今年も毎日暑いですね…

梅雨は長くてジメジメしていましたし、開けたら一気に猛暑。

これでは身体もバテてしまいますよね。

僕は、外に写真を撮りに行こうという気すら萎えてしまっています(笑)

でもそんなふうにカメラを持ち出さないとき、皆さんはどのように保管していますか?

 

以前、友人からこんな話を聞きました。

「タンスの引き出しを整理していたら、古いカメラが出てきた。どうもおじいさんが昔使っていたものらしい」

で、このカメラはなんと無事に使えたらしいのですが、まぁこのカメラはタンスに保管されていたのか、忘れられていたのか分かりませんけれど、保管だとすれば一番やっちゃいけないことですよね。

 

f:id:hirosan0902:20190818141255j:plain

Untitled

ご承知の通り日本は高温多湿の風土です。

食品でもそうですが、マンションでは壁紙やカーテンなんかにもカビが生えるくらいです。

なので、保管方法が悪いとカメラにもカビが生えることはよくあることです。

特にレンズは表面にコーティングが施してあるので、そこにカビが生えてコーティングがダメになってしまう、ひどい時はレンズがオシャカになることもあります。

だから、タンスの中とか机の中に大切なカメラやレンズをしまい込むということは、かえって湿度の保たれやすい環境に保管することになるわけで、せっかくのカメラやレンズにダメージを与えてしまいかねません。

 

ではどのように保管すればいいのでしょうか?

コンパクトカメラ1〜2台程度であれば、ケースから出して風通しの良い場所に置いておくだけで全然違ってきます。

たとえば陽の当たらないように出窓に置いておくとか、机の上でもいいと思います。

実は、僕の家内のEOS Kiss7は高倍率ズームをつけっぱのまま、いつも机の上に置きっぱなしにしています。

 

でも、一眼レフなどのシステムカメラを使ってレンズもだんだんと増えてきている方には、防湿庫での保管をお勧めします。

ただ防湿庫と一口で言っても、本格的なものから簡易的なものまでなタイプがあります。

レンズが数本程度の方であれば、本格的な防湿庫よりも防湿ボックスの方がリーズナブルです。

もしくは、密閉性の高い衣類用のプラケースをニトリなどで買ってきて防湿剤を入れるだけでも全然違います。

一方、カメラ用の防湿ボックスでは湿度計がついているものが多いので、防湿剤の劣化状況がすぐに分かりますから、できればこちらの方が おすすめです。

 

それでは、それなりにレンズやカメラが増えてしまった場合はといえば、やはり防湿庫での保管がベストです。 

僕の場合、最初は防湿ボックスにカメラとレンズを保管していましたが、それが2個になり、いちいち防湿剤を取り替えるのが面倒になったことと、やっぱり防湿ボックスでは中に入れるレンズやカメラが雑然となってしまうことから、奮発して防湿庫を購入し、今でもその中に相当数のレンズとカメラを保管しています。

防湿庫は電動で庫内の湿度を一定にしてくれますから安心ですし、おもて面がガラス張りなので中に何を入れているか一目瞭然なのが便利です。

 

防湿庫も容量によって値段が違ってきますが、大は小を兼ねるということもあるので多少余裕を持って購入される方がいいと思います。

 

 

カメラもそうですが、システムを組んで行くとき、レンズは資産になります。

せっかく気に入って使っているカメラやレンズが、少しの間の管理の悪さでカビてしまって修理に出さなくてはならなくなると気が滅入っちゃいますよね。

面倒かもしれませんが、やっぱりきちんと収納していつも気持ちよく撮影に臨みたいものです。

いつも机の中にしまっている方であれば、ぜひご一考してみてください。

 

心に残る写真集〜センチメンタルな旅

10年ほど前の話ですが、写真家の荒木経惟氏の愛描チロが22歳で他界し、当時の新聞等でも取り上げられていました。

その時、僕は、チロと荒木氏の最後の半年間をまとめた「センチメンタルな旅 春の旅」という写真集を購入しました。
900部限定出版とのことだったので急いで買いに走ったのですが、いまはもう古書店でしか入手できません。

チロの最後の写真は、その頃のアサヒカメラの巻頭にも掲載されていたのを見て、かなり衝撃を受けていました。
が、改めて写真集でチロとの最後の日々を感じて、大きなショックを受けました。
当然ですが、同じ猫の写真集でも岩合光昭氏のそれとはまったく異なります。

この写真集と同時に、チロの死の20年余り前に亡くした奥さんの写真集である「センチメンタルな旅 冬の旅」を購入したのですが、これにも大変感銘を受けました。
(この写真集は荒木経惟氏の名作ですから、詳細はここでは省かせて頂きます…)

とにかく、帰ってきて夕飯もそっちのけで2冊を一気に観たのですが、恥ずかしいかなうちの家内の横で涙を流してしまいました。
思えば、写真集で泣いたのはあの時が初めてです。


               


「センチメンタルな旅 冬の旅」に関しては、刊行当時、対談で篠山紀信氏が荒木経惟氏を猛烈に批判し、一時絶好状態になったことは有名なエピソードです。
篠山紀信氏は「奥さんの死に顔を写真集に掲載するなど、あまりにも私的かつ直接的すぎる」との主張だったのですが、僕としては一連の写真と散文から十二分に荒木氏の痛切な心情が伝わるわけで、これは写真芸術として素晴らしいものだと思います。

ここで僕があれこれ申し上げるよりも写真集をご覧頂く方がよほどいいと思いますので、非常に散漫な文章ですがこの辺で切り上げます。
あまりに心に突き刺さったので、この2冊はいまでもあまり開くことができないのです…

 

ましかく写真。

いま、インスタグラムが一般化して、ましかくな写真がポピュラーになりました。

一般的な写真のサイズ(縦横の比率)はフィルムやデジタル一眼レフでは2:3、コンデジでも3:4なので、デジカメでも基本的にデフォルトの設定のまま写真を撮ると横長に写りますよね。

横長写真に慣れ親しんだ感覚からすると、ましかく写真は新鮮に感じられると思います。

ですが、それ以前にも実はましかく写真は人気がありました。

それはポラロイドというインスタントカメラで撮った写真です。

ポラロイドカメラで撮った写真はほぼ真四角にプリントされ、しかもその場でカメラ自体でプリントされるという画期的なものでした。

今ではFUJIFILMからチェキがその後継のようなカメラとして発売されていて、チェキも女性を中心に大変な人気がありますよね。

基本的にシャッターを押すだけで簡単に撮影できますし、その場でプリントできるので、思い出作りにも最適です。

インテリアやフォトブックなどでも楽しまれている向きもおられますから、基本的にそのオシャレ感が人気の的になっているんだと思います。

 

             オーソドックスにフィルムでプリントするモデル

 

 

        最新のデジタルモデル。フィルムでプリントもできるうえにその場の音も。 

 

 

チェキで撮ったましかく写真は新鮮味と同時にそのサイズから可愛さも演出できるので、友達にプレゼントしたり、家族やペットの写真を記録用に取っておくのもいいですよね。

 

f:id:hirosan0902:20190721141500j:plain

海峡にて
 

 

さて、ポラロイドに話を戻します。

ポラロイドカメラは、開発者のランド氏が娘から「なぜ撮った写真はすぐに見られないの?」と言われたことから1940年ごろに開発されたそうです。

今ではデジカメなのですぐに見ることは当たり前のことですが、当時、娘さんからのリクエストに応えてカメラを開発するなんてとても素敵なエピソードだと思います。

ポラロイドカメラはいわゆるインスタントカメラなんですが、味わいのあるプリントができるので、実はプロのフォトグラファーもこのカメラを使って作品を撮っていたりもします。

 例えば、著名なヘルムート・ニュートンポラロイドカメラだけで撮った作品集を出版していますし、数々のフォトグラファーの作品を集めた写真集も手に入れることができます。

 

                 

 

ポラロイドもチェキも、撮ってすぐその場で見ることができるという便利さとその場限りという撮り直しがきかない刹那性の表裏一体な感じが、プロのフォトグラファーの撮影意欲をかき立てたのかもしれません。

 

デジタルカメラが主流の今、あえてチェキやポラロイドで作品を撮ってみるというのも、撮影技術を磨くためにいいと思います。

周辺減光や彩度の薄めな独特な風合いは、デジタルの高精度な写真を見慣れた今では、かえってこれも新鮮な印象になりますし、芸術性も高いと思います。

ぜひ、ましかく写真の中でもポラやチェキの世界を覗いてみてはいかがでしょうか?

 

あ、でもデジカメで普通に撮ってトリミングした上で彩度や色味をPCで現像する際に自分好みに仕上げていくというやり方もできますね。

実は上の写真はそういう風に仕上げたものなんですよ(笑)

 

 

だれもが写真が美しく撮れる時代。

ある写真仲間との会話。

「今のカメラはフルオートでだれでもそれなりの写真が撮れるよねぇ」
「そうそう、露出なんて知らなくても全然関係ないもんねー」
コンデジなんかじゃ、ニッコリ笑ったタイミングで自動的にシャッター切れたりするもん。もう撮影者なんていらないかもね」
「そうかぁ…。 最後に残る撮影者の領域とは『構図』かも・・・」


というわけで、またもや独言。

f:id:hirosan0902:20190630145557j:plain

世田谷線にて

フィルムカメラの時代の話しですが、1985年のMINOLTA α-7000の登場はショッキングでした。
それまでも一眼レフカメラでAFシステムはあったんですが、AFが使えるのはごく一部の専用レンズに限られていたり大きくて重いものであって、試作的意味合いが強かったんです。
そんな中、MINOLTAはレンズシステム自体を一新し、フルオートフォーカスとしての一眼レフシステムを構築したのがα-7000だったのです。
まだ平凡なユーザーだった僕(今ほどハマッてなかった)ですら、その後継機であるα-7700iを買ったんですから、αのインパクトと反響は凄かった記憶があります。
今思えば、α-7000以降、一眼レフカメラも一気にフルオートの時代に突入していったと思います。

で、現在。

単なるAF・AEだった時代からフルオートも内容がさらに進歩し、例えばキヤノンコンデジでは22シーンを自動識別してカメラが最も適切と判断する露出・色合い・ピントを制御するプログラムまで組み込まれています。
うちの家内用に買ったコンデジでもこのような機能が搭載されていますが、カメラの知識なんか知らない人でも、まず失敗無く写真が撮れてしまうんですよ。
しかも手振れ補正まで付いてますし。
で、フルマニュアルのフィルムカメラで僕が露出失敗したコマなんかと比較されて、
「ほらー、あんたの写真よりも私の方が上手いんじゃない!?」
なんてニヤリとされたりするんです…
しかも、最近はiPhoneなんかでもサクサク取ることができますし。
ただ、このようにフルオートの技術が進むということは、先の友人曰くの「ユーザビリティの低いカメラという道具」の敷居がほぼ無くなり、誰でも気軽に失敗無く写真が撮れるということですから、これはこれで素晴らしいことだと思います。
 
  最強のコンパクトカメラのひとつ。はっきり言ってこれ一台で望遠以外のほとんどの撮影が可能。
 

そうは言っても、「絞りはこうだ!」「シャッタースピードはこれ!」「ピント位置はここ!」「手振れしないように脇を締めて!!」「三脚はここに立てるんだ!」なんてカメラと格闘しながら撮った中から「これだ!」と思う数コマを選んでほくそ笑んでいるようなハイアマからすれば、単にシャッター押すだけでいい写真が撮れてしまうなんて冒涜行為にさえ思えたりするもので…(笑)


ということで、冒頭の自虐的会話なわけです。。。


もちろんある程度の知識を持って写真を撮っておられる方々は、絞り優先モードやシャッター速度優先モードを積極的に使ったり、プログラムモードでもプログラムシフトや露出補正などを駆使して撮っておられる方が大半だと思います。
その反面、この前5DMarkⅢを家内にちょっと貸して数コマ撮らせてみたら、露出的にはまったく問題ない写真を撮ってみせるんです …もちろん、カメラが演算してるんですが…
もう、単に普通に撮る分には、露出のイロハを知ってようがいまいが、スキルの差は無くなっちゃってきてるんですよね(笑)

やはり、撮影者の意図として最後に残っているのは構図かもしれません。
構図は撮影者の意図が強く浮き出る部分ですから。
あ、色をどう扱うかという要素も、撮影者の最後の領域として残っているのかもしれませんね。
(広義の意味での構図かもしれませんが…)


ま、今回は“笑い話”ということで・・・w

 

 

             

貴婦人と呼ばれたカメラ(CONTESSA35)

CONTESSA35という古いカメラが手元にあります。

このカメラ、ツァイス・イコン製で1950年位発売されたものです。

いわゆる蛇腹カメラで、レンズはテッサー45mmF2.8とツァイスが誇るレンズだけあってとてもシャープに写ります。

それに、ドレイカイル式距離計を搭載しているいわゆるレンジファインダーカメラですし、ボディもコンパクトときているので、僕はこのカメラのことを結構気に入っています。

このカメラのことをを少し紹介しましょう。
 
CONTESSAはイタリア語で伯爵夫人を表すことから、このカメラは「貴婦人」との愛称で呼ばれています。
左右シンメトリーなデザインは美しく気品にあふれていて、まさに貴婦人という感じのカメラです。

第二次世界大戦が集結したのち、カール・ツアイス社は東西に分断されましたが、このCONTESSA35は西ドイツのツァイス・イコン社のベストセラー機として、戦後復興期のカメラ史に名前を残したモデルなんですね。

 

f:id:hirosan0902:20190714133029j:plain

CONTESSA35

 

で、先日久しぶりにCONTESSA35にTRI-Xを詰めて出かけようとしたら。

あれれ。
フィルムを詰めてノブを回したら、どこまでも回ってしまう。
おかしいぞ。
おやや。
シャッターも切れないぞ。

というわけでもったいないのでフィルムは巻き戻して露光してしまった部分を切り取り、Leicaに詰め替えて出かけたのです。
帰宅後、再度CONTESSA35の動作を確認してみましたが、どうやらスプロケットが壊れてしまったようです。
シャッターは二重露光防止のためにスプロケットが回らないと切れないようになっているのですが、スプロケット自体が不調なためにロックされたままと思われます。
CONTESSA35は結構精密な機械仕掛になっていて、底にもいろいろと歯車が組んであり、スプロケットとシャッターとカウンターなんかが連動しています。
カウンターが以前から動かなかったのは、故障の予兆だったんでしょうね。

f:id:hirosan0902:20190714132402j:plain

渋谷にて(CONTESSA35で撮影)



浅草の有名なカメラ店の早田さんに直してもらおうと思いましたが、修理金額が40,000円ほどかかるようです。
あそこで他の不調な部分を含めてオーバーホールしてもらえば確実なのは分かっていますが、金額が。
正直、中古で程度のいいのを買い直す方がかなり安く上がりますもの。

楽天でも下のように販売しています)

大変気に入っているカメラだけに、いやはや頭が痛いのです。

  


 

 

 

      

 

 

富士フィルムの気概

今日、富士フィルムデジタルカメラに関する開発者のインタビュー記事が出ていました。

ちょっと感激したのでブログでも紹介したいと思います。

ご興味のある方はぜひご一読ください。

 

開発者インタビュー:フィルム写真に徹底的にこだわったデジタル。富士フイルム「Xシリーズ」と「X-T3」 (テレ東プラス)

  

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フジフイルム X-T3 レンズキット シルバー
価格:225632円(税込、送料無料) (2019/6/30時点)

楽天で購入